事業案内


社長挨拶

徳川家康・三河武士を見習い永続企業を目指す

家康公が築いた江戸幕府は、近世の世界中を見てもロンドンをしのぐ100万人の人口を誇ったと言います。戦乱の世が終わり、平静な街ができ経済の成長と循環型社会が完成した時代でした。それを支えたのは全国に散らばった三河武士たちです。約300あった藩のうち123藩は、三河武士が江戸時代の初代藩主になったそうです。三河武士の実直さを見習い、地域や社会からの高い評価を受ける百年企業を目指します。

創業の30年:社訓の制定

先代(父)が戦後間もない1947年に起した谷澤莫大小(メリヤス)工業所が、その後設立した谷澤ニット商事と共におよそ30年間で現在の礎を築きました。社訓はこの30年間で培われ、当社社員を今日まで導いてくれました。
社訓
会社経営の根本は信用を得ることにあり
信用は誠実と努力とにより生きる
個人の力は小なり
総力を結集するところに威力を発す
全社員の一致協力を望む

中興の30年:経営理念の策定

1972年の不動産事業に続き1975年にステーキレストランをフランチャイジーとしてオープンしました(フードサービス事業への参入)。1977年に繊維事業から撤退し、1978年社名をタニザワフーズに変更しました。フランチャイズビジネスの普及や食文化の多様化などもありフードサービス業界全体が活性化するのに合わせ当社も年々店舗数を増やすことができました。
経営理念
我々はチェーンストア作りをめざし
地域社会により豊かな生活を創造することにより成果をあげ
社会的貢献を果す
一、従業員(社員・パートナー)の幸せ
一、お客様の喜び(満足)
一、企業の成長(永続)
が同時に達成されることを我々の基本理念とする

そして百年企業を目指して:衣・食・住その先に

メリヤス製造・ニット販売=「衣」からスタートしたTANIZAWAは、不動産仲介・住宅販売=「住」を経験し、フードサービス事業=「食」のFC展開で現在のタニザワフーズに至っています。 やがて創業70年。その先は「食」分野を伸ばすのはもちろんのこと。「住」の拡大、新たな形での「衣」への再参入、場合によっては情報産業などをフランチャイズ方式で展開していくかもしれません。店舗にこだわらず通販かもしれません。乗り物はなんでもいいのです。堅実に・勝てるブランドを見極めその業界を伸ばし広めていくことで、常に社会や地域に貢献することをTANIZAWAの社員は魂レベルで持ち続けていけるように私たちは育てます。三河武士のような社員が揃っていれば百年企業になることは確実だと信じています。

 
愛知県岡崎市井田西町1-2
TEL 0564-21-9171 / FAX 0564-26-2209
©2017Tanizawafoods Co.,Ltd. all rights reserved.