事業案内


事業ポリシー

マルチフランチャイズチェーンとオープンモール型SCで
地域の皆様のお役に立ちたい…

日本最大級のマルチメガフランチャイジーとして、複数のフードサービスチェーンを展開。

フランチャイジーとは「ケンタッキーフライドチキン」「吉野家」「びっくりドンキー」などのブランドとノウハウを持った企業(フランチャイザー)から、商号、商品の使用許可とノウハウの供給、指導を受け、店舗を運営していく経営形態のことですが、マルチFCシステムとはそれを複数展開していく企業戦略を指します。すなわち、単一の業態ではなく、複数のブランドを複合化させることでフードサービスのチェーン展開を図っていこうというもの。 そしてタニザワフーズこそ、このマルチFCシステムで 日本でいち早くフランチャイジーの企業化を成功させた企業であり 、フランチャイジー企業としては日本でも最大級の店舗数を誇ります。

複数の店舗をベストミックスさせて集客力を高めたオープンモール型SC[ハビット]を展開。

タニザワフーズのもう一つの事業の柱が、お客様が目的の店の前に車を止めて入店できるオープンモール型SC[ハビット]の開発です。フードサービス店や食品スーパーなどの複数の店舗を一カ所に集合出店させることで集客力を高め、付加価値の高いショッピングエリアを提供しようというもの。時代のトレンドや商圏が変化すれば、それに合わせてテナントや集客手法を変化させていけるため、常にフレッシュで魅力あるエリアとしてお客様を誘引しつづけることができます。 タニザワフーズでは現在、愛知、静岡、山梨の3県下で[ハビット]を展開しています。

タニザワフーズは国内トップクラスの
マルチユニット・フランチャイジーです。


フランチャイズビジネスとは

本部(フランチャイザー)が加盟店(フランチャイジー)との間に契約を結び、ブランド商標や様々なノウハウを利用する権利を与え、加盟店は加盟金とロイヤリティを対価として支払い、本部からの経営指導・援助のもと、事業を継続的に行うビジネスモデルのこと。

マルチユニット・フランチャイジーとは

フランチャイズに加盟する店舗を約30店舗以上保有し、その売上規模でおおむね20億以上の企業のこと。タニザワフーズはフランチャイズビジネスだけを専業に行い、複数の異業種チェーンを経営しているのが特徴です。
わたしたちは、街の隅々に小型のショッピングセンターの展開と
チェーンストアづくりを通じて、地域の皆様の
普段の食の暮らしの豊かさを実現していくことを目指しています。

 
愛知県岡崎市井田西町1-2
TEL 0564-21-9171 / FAX 0564-26-2209
©2017Tanizawafoods Co.,Ltd. all rights reserved.