採用メッセージ


当社を志望する皆さまへ

21、22歳の今のあなたが、夢を持っていないとしても構わない。
しかし、自分がどうなりたいかを語ってほしい。

いつから入社を意識していたか
長男でいつか会社を継ぐものとして育てられてきましたので、もう物心がついたときからです。ちょうど私が生まれた1975年、当時まだ社名は谷澤莫大小(メリヤス)工業所でしたが、当社のFC加盟第1号店となるステーキレストランがオープンしました。その後次々と増える店のオープニングセレモニーに、小さいころよく連れて行かれたことを覚えています。

配属・異動歴
大学卒業後、銀行で4年間事務・渉外・システム部門などを経験して2002年7月、当社に入社しました。店舗経験は03年にスタートしたBRサーティワンアイスクリーム竜美ヶ丘店にて。半年程の勤務の後に社長付きとなり、常に社長と行動をともにしながら社外の人たちから学びを得てきました。どのブランドに参入するかなど経営戦略を立て、大戸屋、リンガーハット、サブウェイなどの立ち上げを進めました。2010年に専務取締役、2014年に取締役副社長に就き現在に至ります。


マルチ・フランチャイジーのメリット
複数のブランドを経験することは各自のマネジメントスキルを向上させるチャンスでもあります。各ブランドの良いところを体験することによりマネジメントの幅が広がります。このことは人財の活性化と人財の定着に繋がると考えています。社内において社員の成長のために多くの経験の場面を提供することが、共に育む職場環境に繋がります。

当社に向いていると思う人財は
以前は「与えられた役割をやりきる人」がフランチャイズシステムに最適な人財と考えていました。しかし、現在は、それ以上に「自分自身で考え、それを行動に移せる人」そして、「その理由を理解し、それをはっきり人に伝えられる人」が当社に一番必要な人財だと思っています。
タニザワフーズのここがスゴイ
自分自身の夢、目標を持ち、それに向けて行動している人が本当に多い。 仮に入社時に明確な夢を持っていなくても、夢を共に考えることで、きっと自分自身の夢が持てるようになり、それを目標に置き換えて成長することができるでしょう。

©2017Tanizawafoods Co.,Ltd. all rights reserved.